ATPパートナーズ株式会社

遠州・東三河の活力ある地域づくりに貢献する。

Advanced Technology & Product Partners Limited

ご挨拶

会社設立の趣旨

 日本の「ものづくり」を取り巻く環境は、製造コストの増加や国内需要の停滞、産業の空洞化等によって厳しさを増しています。そうした中で、中堅・中小企業では、生き残りを賭けた製造力の強化や新規の事業開発、海外への事業展開が急務となってきています。しかしながら、それを担う人材は不足しているのが現状です。
 一方、大手企業では、2008年のリーマンショック以降、選択と集中を進めた結果、組織の中で技術やノウハウに偏在が起こり、人材の余剰感が出ています。更に、高齢者雇用安定法の改正により、60歳以降の雇用継続措置を講じることが求められるようになり、シニアの活用が課題となってきています。
 この状況を打開するには、企業の枠を超えて、人材の偏りを是正する必要があります。専門性を持ちながらその知識や経験を十分に活かし切れていない有能な人材の多くは、新たな活躍の場を求めています。また、高齢化の進展に伴って働く意欲のあるシニアは増加傾向にありますが、こうしたシニアは、今まで培ってきたスキルやノウハウを活かすことにやりがいを求めています。現役・OBを問わず、大手企業で経験を積んだプロ人材が中堅・中小企業の持続的な成長を支え、それが生きがいに繋がるという流れを作ることができれば、この遠州・東三河をもっと活き活きとした地域にできるはずです。
 私たちは、「中小企業の持続的な成長」と「企業の枠を超えたプロ人材の活躍」こそが、この遠州・東三河を活力と魅力に溢れる地域にすると信じ、微力ながらお手伝いさせて頂きたいと考えています。

役員の略歴

代表取締役 会長 杉本 俊春
1969年  富士電気化学株式会社(現FDK株式会社)入社
1997年  同社 取締役 事業企画推進室長
2000年  同社 取締役 常務 経営企画本部長
2003年  同社 代表取締役 専務
2004年  同社 代表取締役 社長 (2009年退任)
2010年  日総工産株式会社 取締役 副会長
2011年  同社 代表取締役 副会長 (2013年退任)
取締役 社長 加藤 政人
1978年  日本楽器製造株式会社(現ヤマハ株式会社)入社
1998年  ヤマハスカンジナビア 代表取締役 社長
1999年  ヤマハミュージックセントラルヨーロッパ 代表取締役 社長
2004年  ヤマハ株式会社 アジア・パシフィック楽器営業本部 本部長
2007年  同社 執行役員 事業企画室長
2009年  同社 執行役員 経営企画部長 (2013年退任)

.